fc2ブログ

柑芦会の同窓生および和歌山大学がNHKに取り上げられました。

柑芦会神戸支部会員の皆様



おはようございます。

平林です。



去る7月18日(月)のNHK和歌山の「ギュギュっと和歌山」に柑芦会の同窓生および

和歌山大学が取り上げられましたのお知らせします。



番組の概要は以下の通りです。

まずこの番組は、昭和28年(1953年)7月に有田郡、日高郡を中心に起こった「紀州大水害」

に関する特集です。

番組では、本特集のきっかけとなった北道子様(大学5期・姫路支部会員)、NHKに直接接点をもった

和歌山大学の橋本唯子准教授(紀州史研究家)に対するインタビューが6分程度の番組の中で結構な

時間を割いて放映されています。



この度の番組がNHKで放送されることになったのは、当時大学1年生であった北道子様のエッセイ集に

「紀州大水害」に関する記述があったことを柑芦誌編集長の穂永千秋様(17期・神戸支部会員)が

和歌山大学の広報担当経由橋本唯子准教授(紀州史研究家)に取り次いだ結果のようです。



北さんは1953年当時は、大学1年ですので、大学5期以前の先輩方は「紀州大水害」のことは記憶に

おありだと思います。また、有田郡、日高郡にご縁のある方々も直接「紀州大水害」を経験されて

いるかもしれません。



〇「紀州大水害」当時の大学生たちが行った被災地の支援活動とは-NHK和歌山(7/18)動画
https://www3.nhk.or.jp/lnews/wakayama/20230718/2040015275.html


北さんの大学1年当時の写真はもちろんのこと、学生ボランティアの活動状況、和歌山大学新聞での記事等

驚くような内容が放送されています。

大阪支部総会の報告

柑芦会神戸支部会員の皆様



こんばんは。

平林です。



本日は柑芦会大阪支部総会に出席しましたのでその概要を報告します。

なお、今回の支部総会のネーミングは「柑芦会大阪支部同窓会・総会」とされて

いたのが印象的でした。

将来的には、柑芦会だけではなく他学部のOB・OGも受け入れるとの含みを

持たせたものと思われます。

また、糸川支部長に交代されて2回目の総会ですが、昨年とは若干変わって次の

キャッチフレーズを掲げられていました。

「感謝と誇り、そして笑顔」





会場の、大阪なんばの道頓堀ホテルには来賓10名を含めて62名の参加がありました。



12時にスタートした総会は、来賓紹介、支部長挨拶、支部活動報告、来賓代表の挨拶と

進み、12時45分からは懇親会が開催され14時30分には予定通り支部総会は無事終了しました。



来賓代表の挨拶では、和歌山大学副学長・尾久土正己先生(本山学長の代理)、経済学部長・

金川めぐみ先生、柑芦会北山修一会長がそれぞれご挨拶されました。



尾久土先生ご挨拶要旨

・本山学長の同窓会に対する取り組み姿勢は、学内に同窓会用の部屋を作る予定にしていることからも

分かるように相当気合が入っているのではないかと思う。

・先生ご本人もご出身の大阪教育大学では同窓会活動は全くなかったんので、和歌山大学の

教員になってオーストラリアでのハヤブサ帰還撮影の話やクリエの担当教員としてソーラーカー

プロジェクトの話を各支部でするうちに同窓会の準会員になった気分になった。



金川先生ご挨拶要旨

・今年の新卒は学部304名(75期)、大学院33名

・昨日参加の西日本国立大学経済学部長会議では、話題はやはりチャットGPTに関すること

であった。チャットGPTを利用するのは問題ではないが、先ずは、自身の頭で考えること

および情報漏洩の問題はクリアする必要がある。

因みに、参加者の内、女性の学部長は金川先生と岡山大の先生のお二人だった。

・経済学部100周年記念式典への参加、100周年記念誌の購入および協賛広告の申込を要請



北村会長ご挨拶要旨

・本山学長の同窓会重視の方針、和歌山大学のブランド力を高めようという

意気込みは、大学内に同窓会室を設置する方針であること、足立副学長をブランディング担当に

任命されたことからも窺い知ることが出来、新学長に大いに期待している。

・ホームカミングデーと同日に開催される100周年記念行事に参加してほしい。

・全国の各支部で様々なイベントが開催されているが、ホームページ、メルマガ、Facebook等を

通じて確認していってほしい。



12時45分からスタートした懇親会では、参加者は指定された8個のテーブルに一旦はそれぞれ

着席されていましたが、時間がたつにつれ各テーブルを行き来して大いに懇談をされていました。



懇親会の最終版では、恒例の寮歌「花の霞に」を斉唱して予定時間の14時30分にお開きと

なりました。



最後に今回の支部総会で感じたことは、柑芦会を代表する大支部であるにも関わらず参加者が

少なかったことです。

支部会員は52名、来賓10名ということでしたが、52名の中には、他支部の会員も数名おられた

ので、純粋に大阪支部会員は45、6人だったと思います。

従来のような100人超はむつかしいかもしれませんが、工夫をして何とか70名超の動員を

図って他支部に範を垂れてほしいと思ったところです。

0708os.jpg
寮歌「花の霞に」斉唱

和歌山支部総会の報告

柑芦会神戸支部の皆様へ



幹事長の吉竹です。

6月24日(土)15時よりダイワロイネット和歌山にて開催されました和歌山支部総会に出席してきましたので、

その概要をご報告します。



15時から坂本支部長の挨拶から支部定期総会がスタートしました。

参加者は和歌山支部会員22名と来賓としては北村会長、糸川大阪支部長、和田京滋支部前支部長、吉竹

の4名でした。

第1号議案の令和4年度活動報告及び決算書承認の件、第2号議案令和5年度活動方針及び予算案承認の

件はともに満場一致で承認されました。

令和5年度の活動方針には新たな取り組みとして「神戸ぶらくり会」を参考として「わかやまブラクリ会」開催に

向けた活動を具体化することが盛り込まれていました。



休憩をはさんで16時前から和歌山大学准教授の吉村旭輝先生による「徳川家康の神忌と大祭~和歌祭の

変遷をとおして~」と題する講演が行われました。

和歌浦の紀州東照宮に祭られた徳川家康にかかわる江戸時代初期から始まったといわれる「和歌祭」の

変遷の歴史を詳しく解説いただくとともに、和歌山大学が果たすこの祭りの復興への取り組みなどが1時間を

超えて動画や数多くの写真とともに語られました。



 17時30分前からは本山学長、金川経済学部長と5人の留学生たちも加わっての懇親会が始まりました。

山本副支部長の挨拶に続いて北村会長、本山学長、金川学部長のご挨拶があり、和田京滋支部前支部長の

乾杯の音頭でそれぞれのテーブルで和やかな懇談が行われました。

会の中盤には和歌山大学教育学部音楽科を卒業されたシンガーソングライターの宝子さんのパフォーマンス

が披露され、その歌声に参加者も酔いしれました。



 懇親会の最後は寮歌「花の霞に」を全員で大合唱して19時30分にお開きとなりました。

和歌山支部も総会への出席者を何とか増やしたいとの課題を抱えており、「わかやまブラクリ会」の立ち上げ

検討もその一つの取り組みのようです。柑芦会のファースト・ペンギンである神戸支部としてもこの取り組みが

成功するように全力でサポートできればとの思いを強くしました。

                                             以上
2023wsoukai.jpg


2023wsoukai1.jpg

香川支部総会の報告

柑芦会神戸支部会員の皆様



こんばんは。 

平林です。



本日、香川支部総会に出席しましたのでその概要を報告します。



高松市の「生涯学習センターまなびCAN」で開催された支部総会には

15名の出席者がありました。

そのうち11名が支部会員でしたが、60歳未満の方々が6名と過半数を

占め非常に若々しい雰囲気の包まれていました(34期・1名、43期・3名、

46期・1名、63期・1名)。

初参加2名、女性1名とこちらも他支部にはない構成だったと思います。



総会は支部長のご挨拶、北村会長のご挨拶、小生の挨拶の後、4年度の

活動報告・会計報告、5年度の会計予算のご説明、審議と続き、いずれも

意義なく可決承認されました。



総会の後には、講釈師・旭堂南海師匠の講談「紀州藩祖頼宜公と安藤直次」

とマンドリンクラブに所属する現役学生さんのプレゼンで大いに盛り上がりました。

なお、頼宜公は家康の十男ですが、紀州徳川藩の始祖にあたる方で大変聡明な方だった

そうです(八代将軍吉宗は頼宜公の孫にあたります)。

講談では、頼宜公とその腹心の安藤直次(後の田辺藩主)の主従関係にスポットライトを

当てたお話を聞かせていただきました。



昨年も香川支部総会に出席させていただきましたが、出席者数は今年と殆ど変わらなかった

と思いますが、昨年よりも出席者の平均年齢が低くなっていたのが非常に印象的でした。

香川支部には若手のキーになる方がおられるようで、この方の行動力が出席者の若返りに

貢献しているのではないかと思った次第です。
2023kagawa.jpg
2023kagawa1.jpg
2023kagawa2.jpg
2023kagawa3.jpg

6/10(土)「ぶらくり会」再開のお知らせ

柑芦会神戸支部会員の皆様

こんにちは。

平林です。

2019年11月以降中断しておりました「ぶらくり会」を約3年半

振りに開催することになりましたのでご案内します。



開催日時・場所、講師および講演テーマは以下の通りです。

・開催日時:2023年6月10日(土)15:00~16:30

・開催場所:神戸市産業振興センター8F 803会議室

      神戸市中央区東川崎町1丁目8-4 神戸ハーバーランド内

      電話:078-360-3200 JR神戸駅より徒歩約5分

・講師:和歌山大学 副学長 足立基浩先生

・講演テーマ:「日銀植田総裁就任後の日本経済を読む」

 (足立先生は、植田新総裁のお知り合いだそうですので、先生だから

  こそお話頂けることもあろうかと思います)

・会費:無料





今回の「ぶらくり会」は対面式での講演視聴と併せてZOOMでのオンライン

による視聴も出来るように致します。

また、視聴は、神戸支部会員だけではなく全国の柑芦会会員を対象と致します。



講演の視聴をご希望の方は、以下要領にてお申し込みください。



・申込締切:2023年5月31日(水)

・視聴の方法を連絡ください:対面式での視聴あるいはオンラインでの視聴

 *対面式の場合には、ご講演終了後、足立先生にもご参加頂いて有志にて

  近隣の居酒屋で懇親会を開催します。

  懇親会に参加あるいは不参加をお知らせください。

  懇親会費用は実費精算(予定会費2,500円前後)

 *ZOOMでの視聴の場合は、URLを送信するメルアドをご連絡ください。



☆お申込みは、平林 迄。



2023年神戸支部新年会

柑芦会神戸支部会員の皆様



こんにちは。

平林です。



去る1月14日(土)に湊川神社・楠公会館にて2023年神戸支部新年会を開催しましたのでその概要を報告します。



参加者は43名(支部会員24名、他支部会員13名、現役学生6名)と厳しい環境の中でも成功裡に開催することが出来たと思います。

なお、他支部の13名の方々の所属支部は和歌山、大阪、東京、東海、京滋、姫路、九州です。

催し物としては、現役学生さん(よさこい集団「和歌乱」およびラグビー部)のプレゼン、関西学院大学フラサークル「モナティ」のフラダンス披露、プロのミュージシャンによるジャズ演奏と新年を寿ぐのに相応しいものとなりました。

なお、和太鼓集団「ホッと太鼓」の演奏は、団員にコロナ陽性者が出たとのことで突然の中止となりました。



よさこい集団「和歌乱」は15年程前より活動を始めたそうですが100名超の団員で和歌山を始めとした関西圏を中心に全国各地のよさこいの大会に頻繁に出場し入賞する等の成果をあげているとのことでした。「よさこい」は高知県が中心のものと思っていましたが、今や全国各地にそれぞれのグループが立ち上げられ活動の輪が広がっていることを初めて知ったところです。



ラグビー部からは、そもそもラグビーとはなにかから始まり、出場選手15人にはひとりひとりそれぞれの役割分担があるとの説明を頂きました。

また、プロジェクターを使ってのプレゼンでは日々の練習風景をご披露頂いたところです。なお、ネットで調べたところ関西学生ラグビーリーグはAリーグからDリーグまであり、和歌山大学ラグビー部は現在Cリーグに所属しているそうです。各リーグには多くの大学が名前を連ねていますが、Aリーグ12校、Bリーグ12校、Cリーグ11校、Dリーグ6校となっているようです。ご存知の強豪チーム、京都産業大学、同志社大学、近畿大学等はAリーグです。



関西学院大学フラサークル「モナティ」は5名の現役学生さんによる可憐なフラダンス披露です。神戸支部会員のお嬢様が「モナティ」の団員であり、当方より出演をお願いしてこの度のフラダンス披露となりました。



会食・懇親会も終盤になったころのデザートタイムでは、プロのミュージシャンによるジャズ演奏となりました。ピアニストは三宮でジャズクラブを経営する方ですが、かつてNHK神戸放送局で毎週金曜日の夕方放送されていた「ジャズライブKOBE」に頻繁に出演されていた名ピアニストです。

また、ボーカルは和歌山県海南市生まれの女性ですが、幼少期のクラシックピアノから始まり、その後のさまざまな音楽を経て、ジャズと出会いボーカルに転向されたそうです。現在は関西を中心にジャズクラブやイベントに出演しながら、ジャンルにとらわれない独自の世界を追求中とのことです。また、彼女は海南高校出身とのことで、会場の2名の海南高校出身者との間で、かれらの出身中学のことや出身地の思い出話等で他の参加者を巻き込んで盛り上がっていました。

なお、約20分間の演奏では、「オンザサニーサイドオブストリート」、「雨にぬれても」、「テネシーワルツ」等の名曲が披露され会場からは手拍子も出るほど大いに盛り上がり楽しいひと時を過ごすことが出来ました。



今回の新年会には多くの他支部の会員の方々にも参加して頂きましたが、支部および卒業期の垣根を超えて新年を寿ぐという考えのもと、他支部の方々には支部総会の様に「ご来賓」という対応は取りませんでした。

また、出席者リストには所属支部以外に学生時代のゼミ、クラブ、出身高校を記載させて頂きました。この体裁は数年前よりとっておりますが、卒業期に関わりなく同じゼミ出身者の間で学生時代のゼミの様子についての話や、ある現役学生と柑芦会会員の出身地が高校の名前から同じであることが分かり大いに盛り上がったとの話等も聞こえてきました。この度の出席者リストの体裁は今後も継続して実施していきたいと思います。



最後に新年会当日のスナップ写真写真を貼付しますのでご覧ください。
2023kobe.jpg

2023kobe2.jpg

姫路支部総会の報告

柑芦会神戸支部会員の皆様


皆さんこんにちは。

平林です。



本日、神戸支店を代表して姫路支部総会に出席しました。

また、今回の支部総会出席は、業務の都合で出席の叶わなかった北村会長の

名代という立場でもありました。



支部総会の概要は以下の通りです。



・会場:ホテル日航姫路

・時間:11時~14時

・出席者:18名(柑芦会12名、シス工1名、教育3名、来賓2名(糸川大阪支部長、小生))

☆姫路支部では約6年前から柑芦会だけではなく和歌山大学出身者の

同窓会として運営されています。

☆最年長は柑芦会11期、最年少は柑芦会70期(今春卒業)、女性4名も出席



栄藤幹事長(柑芦会31期)の司会進行のもと、物故者に対する黙祷、毛利支部長(大学25期)の

ご挨拶、糸川大阪支部長(大学26期)のご挨拶、小生の挨拶と続きました。

小生からは、3年ぶりのリアルでの支部総会に対してお祝申し上げると共に、北村会長の

ご挨拶文を代読させて頂きました。



その後、事業報告、会計・監査報告がなされいずれも異議無く承認されました。

毛利支部長は、コロナで開催されなかった時期を含め6年間支部長の任にあったとの

ことで、この度新しい支部長にバトンタッチされました。

新支部長は、前副支部の黒田俊之様(柑芦会29期)であります。

幹事長は、栄藤様が引き続きその任にあたられます。

なお、毛利様は相談役として、歴代の支部長、林様(10期)、前田様(19期)とともに

支部運営にかかわられるとのことでした。



懇親会では、出席者全員が卒業期順に近況報告をされましたが、現役で頑張っておられる方、

現役引退後はそれぞれの趣味に生き甲斐を見出しておられる方等、まさに多士済々のメンバーが

おられると感じたところです。



小規模ながらも様々な工夫をされて支部活性化に取り組んでおられることを実感した姫路支部総会でした。



以上です。



追記:スナップ写真を何枚か添付致します。

☆最後の方のスナップ写真は毛利前支部長が所属されている「近畿税理士会姫路支部」の支部報の

表紙を飾っているもので、毛利さんの手による写真を掲載されているとのことです。

(アンナプルナ連峰、マチュピチュ)

毛利さんはかつて大病を患ってから、今の生活を大切にしようとお考えになり、奥様とともに

国内の名所巡りには飽き足らず世界文化遺産巡りもされているそうです。

2022姫路支部
2022姫路支部2
2022姫路支部3

大阪支部総会の報告

柑芦会神戸支部会員の皆様


こんにちは。平林です。


昨日、大阪支部総会が開催され、支部代表として出席しましたので
その概要を報告します。


①日時:2022年7月9日(土)12時~15時
②会場:道頓堀ホテル
③参加者:49名(来賓5名、会員44名(内女性4名))
④総会概要;
・冒頭、糸川支部長のご挨拶、平野副支部長の支部活動報告がありました。
糸川様は、この度前任の奥山様から支部長を引き継がれました。
大阪支部のスローガンとして「明るく楽しく、感謝と誇り」を掲げられ様々な
活動を実施していくとのことでした。


・続いて、芦田経済学部長より、所用によりご欠席の伊東学長のご挨拶の代読および
ご本人のご挨拶がありましたが、学部長のお話の中に非常に興味深いものがありました
ので以下にご紹介します。
「和歌山大学では2023年4月に、経済、シス工、観光の各学部およびインテリジェンス
教育研究部門が連携した文理融合型の教育課程として『社会インフォマティクス』
学環(学部ではありません)を設置することになりました。定員は30名で、取得できる
学位は学士(社会情報学)」とのことです。
時代のニーズに対応した新しい組織が学内に出来ることによってより優秀な学生が
集まり、母校のステータスアップに繋がることが期待されます。
*更に詳しくは以下のキーワードで和歌山大学のホームページにアクセスしてください。
和歌山大学 『社会インフォマティクス学環』
http://www.wakayama-u.ac.jp/news/2022070700046/


・北村柑芦会会長からは、過去2年間取り組んできた課題解決のための諸施策および
これからの活動方針についてご説明がありました。


・各ご来賓のご挨拶の後、奥山前支部長の乾杯のご発声で交流会が始まりました。
・その後、食事の合間を縫って参加者お一人づつの近況報告等がありましたが、
3年振りのリアルでの総会にご参加の皆さんは、大いに飲みまた語り合って
楽しひと時を過ごされました。
・最後には寮歌「花の霞に」を斉唱してお開きとなりました。


この度の大阪支部総会で気付いた点が2点あります。
1点目はスローガン「明るく楽しく、感謝と誇り」を掲げられ、このスローガンに
則った活動をしていこうという新支部長の熱意が感じられたこと。
2点目は活動報告および計画、決算および予算の取り纏め方が簡潔でわかり良かった
こと。


最後にご参考までに当日のスナップ写真数枚を掲載します。
IMG_5705.jpg
IMG_5722.jpg
IMG_5726.jpg

香川支部総会のご報告

柑芦会神戸支部会員の皆様




こんにちは。

平林です。




昨日、が開催され、神戸支部代表として参加しましたので

概要を報告します。

・日時:2022年7月3日(日)11:00~14:00

・場所:高松市生涯学習センターまなびCAN

・参加者:会場参加18名(会員12,来賓4、学生2)

     オンライン参加5名(東京、東海、神戸、姫路、九州各1名)

    (昨年参加(開場参加のみ)11名(会員7、来賓2、学生2)

島田新市支部長のご挨拶に続いて、北村柑芦会会長、神戸支部長(小生)、

辻活性化支援委員長のご挨拶がありました。

北村会長からは、昨年柑芦会が取り組んだEC奨学金制度等の事業についての

ご説明、オンラインを活用しての支部長会議他の会議を推進していること

および来年開催予定の経済学部100周年記念事業への取り組み状況等の

お話がありました。

小生からはコロナ禍の中でなかなか事業が進まない中、今まで推進してきた

支部総会、新年会、ぶらくり会他の事業について出来るだけ早い時期に再開したい

旨のご説明をさせて頂きました。また、各種事業は一支部だけにとどまることなく

オンライン等を活用してオール柑芦会として取り組む事を考えてる旨お話させて頂きました。

辻支部活性支援委員長からは、委員会が取り組んでいる事項のご説明がありました。

また、支部活動を活性化するため予算化されている支部活性化支援金の活用をしてほしい

との要請もされました。




参加者18名の内、会員は12名でしたが、昨年(7名)に比べ大幅に増加している

だけでなく、参加者の卒業年次が最年長・大11期、最年少・大67期と幅広い世代が

ご参集になりました(10期台4人、20期台1人、30期第3人、40期台2人、60期台2人)

ご参加の中には女子会員も含まれています。




香川支部の登録会員は85名ですので、会員の参加者率は14.1%と他の支部の追随を

許さない高い比率となっています。

登録会員85名中実際に連絡をして貰って良いと意思表示された会員は42名だそうですので

この人数を母数にすると参加者率は相当高いものになります。

島田支部長始め支部の幹部の方々が支部活動に積極的に取り組まれている賜物と思いました。




支部活動の実績報告、収支決算報告、予算案がそれぞれ審議され、いずれも異議無く

承認された後、旭堂南海師匠による講談「紀伊国屋文左衛門」が口演されました。

南海師匠のいつもながらの軽妙な語り口に一同大いに楽しませて頂きました。




今年の現役学生さんは「フライングディスク」部からお二人が参加され、クラブ活動の現状と

今後の抱負について語って頂きました。




支部活動の報告、南海師匠の講談、現役学生のプレゼンが終わった後には、会食をしながら

出席会員の近況報告がなされました。

年次の若い会員でも物事に対する自身の哲学をキッチリと持っておられること、物事を

論理的にかつ聞く側の立場になって話されることに大いに感心させられたところです。




スナップ写真を何枚か添付します。
香川支部総会IMG_5678.jpg
IMG_5670.jpg
IMG_5679.jpg
IMG_5677.jpg
IMG_5665.jpg

7月度のヨガレッスン

柑芦会神戸支部

7月度は以下要領で開催しますので、奮ってご参加ください。

☆日時:7月11日(月)、7月18日(月・祝)、7月28日(木)
    いずれも18:00~19:00
    (レッスン後は懇親会があります)
☆持ち物:ヨガマット(会場に予備もあります)
運動の出来る服装(ジャージでOK)、飲料水(休憩時に飲みます)
☆レッスン料:2,000円
☆会場:次ページをご参照下さい。

☆6月度は3回のレッスンがありましたが、会員のお友達(女性)も参加されパッと花が咲いたような雰囲気になりました。
ヨガ07
ヨガ071

☆会場:『ホッとスタジオ』
    JR灘駅北出口を出て最初の信号のある交差点を右(東)側に
約300m、駅より徒歩約3分
    神戸市灘区灘北通9 ADVAN OJI(アドバン 王子) BF1

       <ADVAN OJI(アドバン 王子)入口>
ヨガ会場
ボケ防止、体幹を整え健康寿命の伸ばすためにヨガをご一緒に始めませんか。
ご連絡をお待ちしております。

ご連絡先:
・平林(大学20期)
メルアド:hirabayashi9497@yahoo.co.jp

                                                 以上
プロフィール

kourokai

Author:kourokai
柑芦会神戸支部へようこそ

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ