FC2ブログ

九州支部総会

柑芦会神戸支部
会員各位


いよいよ本格的な春到来の様子ですが、皆様お元気でお過ごしのことと拝察します。
さて、3月17日(木)、18日(金)の2日間、辻幹事長とともに九州支部総会に出席しましたので
その概要を報告します。


佐賀県を代表する温泉地、嬉野温泉の和楽園で開催された総会には青柳会長、
九州支部・宮本現支部長(11期)、石川新支部長(19期)、瀬頭さん(11期)、石田さん(13期)、
三吉さん(45期)、横井さん(50期)、大阪支部小笠原さん(11期)、辻幹事長、平林の10名が
出席しましたが、少人数のうちにも45期、50期の若手が出席されていたのが印象的でした。


冒頭の宮本現支部長の挨拶に続き、石川新支部長の財政状況報告等があり、青柳会長からは
この度和大が地域に貢献の分野で文科省から最高の評価を受けそれにもとづく運営費が
交付されることについては大いに結構だが、地域限定だけではなく世界に発信できる大学を
目指すよう大学当局に働きかけていきたいとのお話がありました。
辻幹事長からは、柑芦会活動の活性化のために一斉メール、FACEBOOK、ブログ等の
SNSを活用して会員および現役学生に対して柑芦会活動を積極的にアピールすることを
企画中である旨お話していただきました。
また、小笠原さんからは、今年度の和大の入学試験の志願状況、合格倍率についてご報告が
ありました。今年度は、平成24年度以降で最高の合格倍率となっており、このまま合格倍率の
低落傾向に歯止めがかかったといえるのであればよいのだがとのコメントがありました。


意見交換のなかで、柑芦会が物心両面で和大の事業運営に協力しているなかで特に財政面での
協力について大学からその果実あるいは途中経過についてのご報告が必ずしも十分でないと
考えられるので極力オープンにして頂けるよう大学に働きかけてほしいとの強い発言がありました。


活発な意見交換の中にも同窓会としての和気藹々とした雰囲気のある支部総会でありました。

===================
平林 義康

IMG_7927.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kourokai

Author:kourokai
柑芦会神戸支部へようこそ

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ