FC2ブログ

平成22年度の神戸支部総会と新体制

支部総会
平成22年度の神戸支部総会は10月2日(土)に、会場を神戸港近くのホテル・エ
スタシオン・デ・神戸に移して開催されました。この総会には大学から山本健慈学長、
森口佳樹経済学部長、また柑芦会から萩平会長、青柳大阪支部長、林姫路支部長、小
野岡山支部長、和田京滋支部幹事長、野田事務局長をお迎えして会員とあわせて参加
者40名の総会となりました。

大きい写真はクリックしてご覧ください↓
DSC_0001_20101102095710.jpg

宮本支部長(大9)の挨拶の後、辻幹事長(大20)より事業報告と会計報告があり、
承認されました。また、宮本支部長の挨拶の中で、支部長在任4年になるので、退任
したい、後任の支部長に現副支部長の水谷太一氏(大17)を、副支部長に矢内隆氏
(大16)を各々指名したい旨の提案があり、承認されました。
来賓の方々からご祝辞を頂いた後、山本学長、森口学部長より大学の近況と課題につ
いてお話を伺いました。
今年の支部総会で特記すべきことはアトラクションとして和太鼓演奏が行われたこと
です。これは辻幹事長が主宰する和太鼓チームが特別出演をしてくれて実現しました。

日本人の心に響く魂の音を聴いて明日への活力を得た思いです。 


神戸支部スタッフ
支部長  水谷太一(大17期)
副支部長 矢内 隆(大16期)
幹事長  辻  均(大20期)
会計幹事 西田安男(大12期)

アクセス
〒650-0015
神戸市中央区多聞通2丁目1-1
多聞プラムビル102 サステナ神戸(株)内
        柑芦会神戸支部事務局
  TEL (078)361-1711
  FAX (078)361-1712



22年度神戸支部総会のお知らせ

支部総会
22年度神戸支部総会は10月2日(土)午後6時からエスタシオン・デ・神戸で開
催されることになりました。神戸支部会員の皆様には8月中に案内状をお届けいたし
ます。奮ってご参加くださいますようお願いいたします。

平成21年度の神戸支部総会

神戸支部総会
平成21年度の神戸支部総会は21年10月3日(土)に、昨年と同じ会場、神戸駅
近くの「天安閣」で開催されました。大学から森口佳樹新経済学部長、柑芦会から松
原会長、萩平大阪支部長、久山和歌山支部長、林姫路支部長、和田京滋支部幹事長を
お迎えして会員と合わせて参加者43名の総会となりました。
最初に物故会員の方に黙祷を捧げた後、宮本支部長から今年の総会には7名の新人が
参加してくださり、大変うれしくもありまた感謝していること、そして神戸支部の勉
強会「ぶらくり会」や大阪支部の勉強会「人生塾」等に積極的に参加して同窓会事業
を活用してほしいとの挨拶がありました。次に西田幹事長より21年度事業報告と会
計報告があり、承認されました。
来賓の方々からご祝辞を頂いた後、森口学部長から大学の近況等についてお話をして
頂きました。
1. 8月に学長に就任されました山本健慈新学長からの「メッセージ」を代読され
   ました。(内容は柑芦40号にあるとおりです)
2.8月の新体制になってから、学長、理事、学部長との合同会議が設定されるなど
  「チーム山本」として集団指導体制で大学運営がなされるようになった。
3.研究分野について、大学設立60周年を迎える今年、記念となるような論文集の
  編纂を企画している。
4.大学は地域貢献が求められているが、この点、和大は国立大学の中でも、上位に
  ランクされている。
などのお話がありました。
この後、懇親会に移り、楽しい歓談のひと時を過ごしました。最後に寮歌を合唱して
来年の再会を誓ってお開きと致しました。
大きい写真はクリックしてご覧ください。↓
DSC_0002_20091105104446.jpg

21年度の神戸支部総会

支部総会
21年度の神戸支部総会は10月3日(土)午後6時から、会場は昨年と同じJR神
戸駅近くの「天安閣」で開催の予定です。神戸支部の皆様、是非ご参加下さるよう、
お願いいたします。

平成20年度の神戸支部総会

支部総会
平成20年度の神戸支部総会は20年11月1日(土)に、昨年と同じ会場、神戸駅
近くの「天安閣」で開催されました。この総会には大学から今田副学部長、柑芦会か
ら見立事務局長、萩平大阪支部長、上野和歌山副支部長、林姫路支部長、和田京滋支
部幹事長をお迎えして、会員と合わせて40名余りの総会となりました。
最初に宮本支部長(大9)から会員の皆様が神戸支部の日頃の活動に参加してくだ
さっていることを感謝し、あわせてこれらの活動を通して会員の輪を広げて行きたい
との挨拶がありました。次に西田幹事長(大12)より事業報告と会計報告があり、
承認されました。また来賓の方々からご祝辞を頂いたあと、今田副学部長から大学の
近況について、お話をして頂きました。お話の要点は1.観光学科が観光学部に昇格
したことにより、経済学部は元の3学科体制(経済学科、ビジネスマネジメント学
科、市場環境学科)に戻りました。この体制は平成7年に出来上がった体制ですが、
すでに10年以上を経過しており、少し時代に合わなくなってきており、学科の再整
備が必要と考えていること。2.大学院の充実 昨年度「地域マネジメントコース」
を発足させたが、新たなコースの設定を行うべく準備を進めていること。3.さらに
は学部運営の世代交代を進める必要を感じていること。以上のようなお話がありまし
た。
この後、懇親会に移り、楽しい歓談のひと時を過ごしました。会の途中で、初参加者
紹介、また紅一点参加の金持伸子様(大3)から若き日の体験談などを伺いました。
最後に寮歌を合唱し、来年の再会を誓ってお開きと致しました。
大きな写真は下記をクリックしてご覧ください。
DSC_0001.jpg

20年度支部総会のお知らせ

20年度の神戸支部総会は11月1日(土)、午後6時より神戸駅前、天安閣で開催
することになりました。多数の会員の皆様のご参加をお待ちしております。

支部総会

 平成19年度の神戸支部総会は19年10月13日(土)に、神戸駅近くの「天安
閣」で開催されました。総会の来賓として、大学から竹内経済学部長、今田副学部
長、竹林教授、厨子講師、また柑芦会から藤原会長、萩平大阪支部長、上野和歌山副
支部長、林姫路支部長をお迎えして会員と合わせて40名余りの総会になりました。
 
 宮本支部長(大9)から出席者へのお礼と日ごろの活動を通じて会員の輪を広げて
行きたいとの挨拶があり、また西田幹事長より事業報告と会計報告があり、承認され
ました。
 来賓の方々からご祝辞をいただいた後、竹内学部長から大学の近況についてお話を
して頂きました。
1. 本年(H19)4月に経済学部に待望の観光学科が誕生したこと。6月2日
には内外の関係者を迎え、観光学科開設記念式典とそれに続く国際シンポジウム、さ
らに懇親会が大学キャンパスで開催されたこと。そして、来年(H20)には、この
学科を学部に昇格させ、国立大学法人では初めてとなる観光学部を設置すべく、6月
に文部科学省に申請書を提出したこと、そして観光学部新設はほぼ間違いはないと確
信していること。
2. 副学部長を置き、教育の充実、研究活動の向上、そして地域に貢献できる経
済学部を目指していること。
3. 大学院においては短期履修制度や地域マネージメントプログラムの設置等の
新しい制度を発足させたこと。
経済学部の充実と発展のためスタッフ一同一丸となって努力を続けていくので、柑芦
会会員諸氏のご支援をお願いしたいとのお話がありました。
このあと、懇親会に移り、楽しいひと時を過ごしました。最後に寮歌を合唱し来年の
再会を誓ってお開きと致しました。

平成19年度の支部総会日程について

6月8日、幹事が集まり、19年度の支部総会の日程を協議した結果、
10月13日(土)午後6時より、JR神戸駅前 天安閣で開催する事
を決定しました。支部会員皆様の多数のご参加をお待ち致しております。

18年度神戸支部総会

平成18年度の神戸支部総会は昨年の11月18日(土)に一昨年に引き続き神戸駅
近くの「天安閣」で開催されました。
総会来賓として、柑芦会本部藤原会長、萩平大阪支部長、加納姫路支部長、道澤前京
滋支部長、そして大学より乗杉和歌山大学経済学部長をお迎えして、会員とあわせて
40名余りの総会となりました。
 小泉支部長(大5)の挨拶のあと、西田幹事長(大12)より事業報告と会計報告
があり、承認されました。また小泉支部長の挨拶のなかで、支部長在任4年になるの
で退任したい、後任の支部長に現副支部長の宮本隆夫氏(大9)を、また副支部長に
は水谷太一氏(大17)を各々指名したい旨提案があり了承されました。
 来賓の方々からご祝辞を頂いたあと、乗杉学部長より大学の近況についてお話を伺
いました。
 前々から話題になっている経済学部内に観光学科が新設される件については設立許
可通知が来るのを待って、本年4月設立に向けて予算と人事をどうするか大変忙しい
状況となる。さらに来年4月の観光学部発足のための準備をすすめているが、定員の
充足等課題も多く、柑芦会の会員の支援をお願いしたいとの事でした。
 来年卒業予定の大学院生 夏梅龍之介君が宝塚市役所に就職が内定したとのことで
特別招待をしました


写真をクリックすると大きな写真がご覧いただけます
プロフィール

kourokai

Author:kourokai
柑芦会神戸支部へようこそ

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
月別アーカイブ